葬儀の参列に必要な葬儀費用や基本的なマナーを知る

葬儀の種類

冠婚葬祭の葬儀は、死を弔うための儀式であり宗教によって様式の違いがあります。
葬儀は故人を見送るだけではなく、残された者が故人の死を受け止め意味もあるとされています。
この冠婚葬祭の葬儀は、まだ宗教というものが存在しない旧石器時代から行われてきました。
現在、日本人の約9割は仏式で葬儀をしています。
仏式で特徴的なのは、僧侶が読経することにあります。
この仏式は世界の中でもっとも高額と言われています。
最近ではその種類も豊富であることから、様々なスタイルで葬儀をする方が増えています。
故人の趣味を反映し、音楽や写真を取り入れたり、線香にかわり献花をおこなうケースなどもあります。
時代の流れと共に、より故人らしさ反映出来るようになりました。

日本の冠婚葬祭の葬儀は、まず通夜と呼ばれる儀式から始まります。
これは生前故人が親しかった人を中心におこなう儀式で、お香と灯りを夜通し絶やさずにご遺体と過ごすものです。
通夜・告別式の服装は、男女ともにブラックフォーマルを着用します。
マナーとして気をつけておきたい点は、男性ではネクタイピンやゴールドの装飾品はつけないことです。
また女性は濃いメークを控え、髪型や小物もシンプルなものに、そしてパールのネックレスを身につける際は1連のものにすることが通例となっています。
他にも、色物のハンカチやショルダーバックなども避けましょう。
子供の服装も制服を着用するのが一般的とされています。
制服がない場合は、大人同様に白・黒・紺の色が望ましいです。