葬儀の参列に必要な葬儀費用や基本的なマナーを知る

葬儀の一般的な流れ

冠婚葬祭はマナーが多いものです。
特に葬儀は厳粛な場であるため、やってはいけないことが多々あります。
まず遅刻は厳禁です。
どうしても時間に間に合わなければ、読経の最中に着席するのは避け、お詫びを述べた後にご焼香させてもらいます。
故人の亡くなられるまでの経緯を訊いたり、知人と世間話に花を咲かせるのも止めましょう。
よく見られる光景だと思いますが、これらは配慮不足のNGマナーです。
香典に新札を用いてはいけませんが、どうしても新札しかない場合は折り目を付けて包みます。
忘れがちなのは仏教ではない宗教の時のマナーですが、特にキリスト教の葬儀ではお悔やみの言葉を言うのはマナー違反です。
天に召されると言う考え方なので、お悔やみではなく「安らかなお眠りをお祈り申し上げます」というのが一般的です。

以前は盛大な葬儀を行うのが一般的でしたが、現在では小さなお葬式が増えています。
家族だけで見送る家族葬や、火葬だけの直送。
通夜式のない一日葬など、葬儀の形は多種多様になっています。
これらに参列する時には、また新しいマナーが必要になっていくと思われますが、変わらないのは、心からのお悔やみの気持ちで参列するという最低限度のマナーです。
ご高齢の方が亡くなった時は、盛大に宴会を催し、笑顔で見送るという風習もありますが、小さなお葬式でも大きな声で知人と世間話をして笑うなんて無礼は避けたいものです。
参列は義務ではありませんし、小さなお葬式になっても、故人を見送る家族の気持ちは変わりません。
悲しみに暮れる遺族に対し、思いやりの心を持って参列しましょう。