葬儀の参列に必要な葬儀費用や基本的なマナーを知る

葬儀参列の際のNG行動

家族が亡くなると、まず葬儀を執り行うことになるのが普通です。
必ずお通夜や告別式を行わなくてはならないという決まりがあるわけではありませんが、遺体を火葬に付す前に何らかの儀式を行うのが一般的になっています。
葬儀の慣習は地域によって違いがありますので、かかる費用の方もバラつきが生じています。
ただし、ごく大雑把な金額をあげると、従来は200万円前後かかるケースが多いと言われてきました。
ですが、故人を見送るために多額の費用をかけることに疑問を感じる人が多くなってきた影響があり、近年は安い料金プランの葬儀を行う人が多くなってきています。
使用する祭壇や棺桶のグレード、参列者の人数などによって料金が変わってきますが、100万円以下で収まるケースが増えています。

もともとの葬儀は、生前に故人と親しく付き合っていた人が故人とお別れをするために行われるようなものではなく、宗教的儀式の施行に重きが置かれていました。
故人との別れを惜しむというよりも、この世の者ではなくなった故人が、迷わず別の世界に上っていけるようにするために行われていたのが葬儀だったということができます。
死というものに対する畏怖感が非常に強かったためだと考えられているのですが、時代の移り変わりとともに人々の死に対する考え方も変わり、現在では宗教的な面よりも故人に別れを告げるという精神的な面の方が重視されるようになっています。
実際に、宗教色が全くない、無宗教の自由葬を執り行う人の数がかなり増えてきており、今後さらに増加するものと予想されています。