葬儀の参列に必要な葬儀費用や基本的なマナーを知る

葬儀のマナーを知る

葬儀は、あらかじめ日程が組まれているわけではなく、突然行われるものです。
社会人になると、身内だけでなく、友人や会社の同僚、あるいは親族など、様々な人の葬儀に立ち会う機会が増えます。
急遽決まった葬儀で、恥をかかないためにも、事前にマナーを知っておく必要があります。

葬儀に参列するときは、服装に気をつけなければなりません。
一般的に、葬儀の際の服装は「礼服」です。
礼服の中でも、葬儀の場合は喪服を着ていきます。
結婚式などの冠婚葬祭では、派手なアクセサリーを身にまとって出席することができますが、葬儀の場合は派手なアクセサリーが禁じられています。
葬儀の際のアクセサリーは、結婚指輪や、シンプルなパールネックレスのみが許可されています。
遊びの場ではありませんので、チャラチャラとした格好はせずに参列しましょう。

葬儀に参列する際、焼香があります。
焼香のやり方としては、まず遺族のいる場所に一礼をします。
焼香台へ行き、遺影に向かって一例、右手で香を取ります。
それから、香を額辺りまで持って行き、香炉にそっと入れます。
そして、もう一度遺族に向かって一礼し、その場を後にします。

葬儀に参列する際は、お花などに代わって香典を備えます。
香典の金額は、亡くなった人との関係によって異なります。
会社の同僚や上司の葬儀なら、1,000円~5,000円が相場です。
両親や兄弟の相場なら10,000円~100,000円、祖父母の葬儀なら3,000円~30,000円が相場です。

葬儀の種類

葬儀に参列する際は、葬儀費用についても知っておきましょう。また、葬儀といってもその種類は様々です。最近では、身内だけで行う家族葬が人気です。ここで、葬儀の種類を紹介します。

葬儀の一般的な流れ

葬儀に参列する機会は、大人になるに連れ増えてきます。葬儀費用について知っておくことは勿論、葬儀の参列までにどのような流れになっているのかについても把握しておく必要があります。

香典について

葬儀に参列するときは、香典の準備が必要です。香典は、専用の封筒に葬儀費用を入れ渡すのが一般的です。香典には、どういった文字を書く必要があるのか、書き方について説明します。

葬儀参列の際のNG行動

葬儀に参列するときに、やってはいけないNGマナーについて紹介します。葬儀費用を入れる袋を間違える、遅刻するなど、やってはいけないことを知っておくと恥ずかしい思いをせずに済みます。

関連リンク
  • 全国市民葬祭協会 横浜

    横浜で葬儀に対応している業者はコチラですよ。料金設定もリーズナブルなので、依頼することをおすすめします。